突然起きる激しい痛みが特徴の群発頭痛|普通の頭痛と異なります

頭痛

習慣が関係

掛かる人の割合

先生

群発頭痛はどなたにでも掛かる恐れがある病気なので油断は出来ません。とある医師に取材して判明したことなのですが、頭痛に悩む100人の患者さんのうち、2人または3人が群発頭痛に掛かっており、特に、20代から40代の男性が掛かりやすくなっていることが分かりました。ただ、男性と女性で比べた場合、女性の方が約7倍ほど群発頭痛に掛かりやすいそうで、一部では、遺伝子と関連性があるという説もあると言われています。また、寝ている最中にも激しい傷みが起きることも少なくないようです。ちなみに群発頭痛が起きると、それ以外の症状が併発してしまう場合もあります。例えば、目が赤くなってしまったり、涙を流してしまうという症状がありますし、鼻水が出るというのも併発症状として含まれています。他にも、まぶたがむくんでしまったり、たれさがってしまうこともありますが、この症状が起きるかどうかは人それぞれ差があるようです。

普段から心掛けること

群発頭痛が起きてしまうのは、お酒の飲み過ぎやタバコの吸い過ぎが主な原因となっているので、普段から規則正しい生活習慣を心掛けることが大事になります。まず、群発頭痛が起きている時は、お酒を飲んだり、タバコを吸ったりするのを控えるようにしましょう。群発頭痛の期間が終わった後にお酒を飲んでも大丈夫という声もありますが、出来るだけその習慣を控えないと、また症状が再発してしまう恐れもあるので注意が必要です。普段お酒やタバコを好んでいる人にとっては辛いことだと思いますが、ここで我慢するという気持ちをしっかり持っていれば、群発頭痛から逃れることが出来ます。

早いうちに診断を

もし少しでも、群発頭痛に掛かっているかもしれないという気持ちがありましたら、早いうちに頭痛を専門とした医師に診断をお願いするようにしましょう。群発頭痛の症状には特徴があるので、専門の医師ならば正確に診断することが出来るそうです。このおかげで患者さんのうち約7割の人が症状を抑えることが出来、発作が起きる回数も少なくなったことが分かっています。群発頭痛はとても自分だけでは対処出来ない症状となっているので、早期解決が大事になります。