突然起きる激しい痛みが特徴の群発頭痛|普通の頭痛と異なります

先生

習慣が関係

先生

群発頭痛はとても恐ろしい病気になりますが、激しい痛みだけでなく、他の症状が起きてしまう場合もあります。また、群発頭痛に掛かってしまうかどうかは、普段の生活習慣にも関係しているようです。

Read More...

集中して起こる頭痛

どんな頭痛なのか

頭痛

頭痛には様々な種類がありますが、中でも群発頭痛の痛みは、普通に暮らしていると経験することのないような痛みを引き起こします。同じような強い痛みが生じる痛みには偏頭痛がありますが、偏頭痛は脈打つような強い痛みが月に1~2回程度起こるといわれています。一方の群発頭痛は、痛みの程度は偏頭痛を遥かにしのぎ、脈打ちは感じません。群発頭痛に悩んでいる方の感想の中には、眼の奥をフォークでえぐられているような痛みという表現も見られます。それほどの強い痛みなので、一旦群発頭痛が始まると、じっとしているのも辛く、痛みを紛らわそうとして頭を床や壁に打ち付けたり、のたうち回ったりすることがあります。

いつ起こるのか

群発頭痛の群発、というのは、一時の間に集中して起こる事を指します。地震の用語の1つに群発地震というものがありますが、群発地震の場合も同じように、ある程度頭痛が発生しない時期と、頭痛が起きる時期が分かれていて、一旦頭痛が起きる時期である群発期に入ると、15分から3時間続く発作が始まります。群発期に入ると、何時頭痛の発作が始まるか分からず、一般生活にも支障をきたすことがあります。

原因は不明

痛みを起こすメカニズム自体は分かっているものの、群発頭痛になる人とならない人がいる理由は、まだ明らかになっていません。とにかく頭の中の血管が拡張することにより痛みが生じることはわかっており、群発期に入っている時期は血管が広がるような行為は避けた方が良いと言われています。特に、飲酒は群発頭痛の患者にとってトリガーのような役目を果たしており、群発期に入ると、普段浴びるようにアルコールを摂取する人でも、ピタリと飲酒を止めて頭痛に備えるようです。急激な高度変化、喫煙も頭痛を引き起こすと言われており、群発頭痛に悩む方は、その事も覚えておくと良いでしょう。

治療法

悩み

群発頭痛の治療法は様々ですが、劇薬に指定される薬を使うこともあり、治療は医師の指示に従うことが大切です。どのような治療法があるのか、痛みが起こった時の対処法などを知っておくといいでしょう。

Read More...

頭痛の種類

先生

頭痛の種類は、大きく症候性頭痛と慢性頭痛の2つに分けられますが、群発頭痛はこのうちの慢性頭痛に分類されます。頭痛の種類によって原因、痛みの症状に違いがあります。

Read More...

頭痛以外の症状も

頭痛

群発頭痛の痛みの持続期間は一度の発作で15分~3時間程度であるとされていますが、激しい痛みが続くと同時に、頭痛が発生している同じ側にさまざまな症状が伴う場合があります。

Read More...

周りの方の対応

先生

身近な人に群発頭痛を持つ人がいたら、どう対応すれば良いのか分からない場合があります。痛みを理解することも、いつその人が群発頭痛に襲われるのかわかりません。でも、私達でもサポートが出来ることもあります。

Read More...